スタッフブログ|福岡市・糟屋郡/屋根リフォーム・防災瓦・雨漏り工事なら住みたかルーフへ

MENU
屋根工事・屋根リフォーム・雨漏り・防災瓦専門店 住みたかルーフ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-027-955

  • 受付[ 24時間受付可能 ]

スタッフブログSTAFF BLOG

HOME / スタッフブログ / 波板屋根の耐用年数、劣化症状、補修工事について

波板屋根の耐用年数、劣化症状、補修工事について

スタッフブログ

2023.12.26 (Tue) 更新

波板屋根の耐用年数、劣化症状、補修工事について

 

屋根カバー 屋根葺き替え住みたかルーフ 福岡市 屋根リフォーム 雨漏り 価格 費用 料金 金額 糟屋郡 宇美町 志免町 大野城 太宰府 屋根 外壁点検  屋根カバー 屋根葺き替え住みたかルーフ 福岡市 屋根リフォーム 雨漏り 価格 費用 料金 金額 糟屋郡 宇美町 志免町 大野城 太宰府 屋根 外壁点検 

 

波板はベランダやテラス、駐輪場、駐車場などに使われる屋根材の一種です。
リーズナブルな屋根というイメージがあるかもしれません。
現在の波板は耐久性も高く、軽量でおすすめの屋根材の一つです。

波板屋根の耐用年数はお住まいの環境によって異なります。
波板屋根の劣化症状や補修工事の種類について解説します。

 

こんなに種類があるの?波板の種類、5つ

1ポリカーボネット
波板の主流となっているのがポリカーボネットです。
耐久性が高く、衝撃にも強いです。
透明性も高いためベランダやテラスになどの明るさが必要な箇所に使われます。
耐用年数は約10年ほどあります。

2ガルバリウム製
ガルバリウムとは、アルミ亜鉛合金メッキの鋼板です。
防食性や耐久性が高く、強度も優れているため、住宅だけでなく工場の屋根にも使われています。
耐用年数は15~20年ほどです。
光や太陽の熱を通しにくい性質があります。

3トタン
ガルバリウムが普及する前までは主流でした。
衝撃に強く軽量ですが、錆びやすいことがデメリットです。
耐用年数は5〜7年ほどです。

4塩化ビニール樹脂
ポリカーボネットが普及する前までは主流でした。
手に入りやすいためDIY素材として人気があります。
雨風や紫外線に弱いため現在はあまり使用されていません。
耐用年数は2〜3年ほどです。

5塩化ビニール樹脂(ガラスネット)
ネット上のガラスを素材の中に入れ、耐久性を高めたものです。
耐用年数は4〜5年ほどです。

 

波板屋根の劣化症状

1ひび割れと水分の浸透
波板屋根の表面にひび割れが生じることがあり、これにより水分が浸透しやすくなります。特に気温の急激な変動がひび割れの原因となります。

2変色
太陽光や大気中の汚染物質にさらされることで、波板屋根の色が変色することがあります。変色が進行すると外観が劣化し、見た目が悪くなります。

3穴が空く、破損
台風などの強風や、物が飛んでくるなどの衝撃により、波板に穴や破損が生じることがあります。
小さい穴やひび割れは補修テープやコーキングでも修理可能ですが、耐久性が低くなるので早めの交換が必要です。
穴やひび割れをそのまま放置すると雨漏りの原因となります。

4劣化
波板屋根は時間の経過とともに劣化し、材料が脆くなることがあります。劣化が進行すると強度が低下し、屋根の耐久性が損なわれます。
ポリカーボネット製の波板は高温に弱いため、屋根の下でバーベキューや花火をすると変形することがあります。
その変形箇所から雨漏りすることがあります。
小さな変形でも劣化は早まりますので早めの交換がおすすめです。

5金属パーツの腐食
波板屋根には金属の取り付け部分があり、これらの金属部品が腐食することがあります。腐食が進行すると、屋根の安定性に問題が生じる可能性があります。

 

 

波板屋根の耐用年数に影響する要因

1材料の品質
波板の材料の品質が高ければ高いほど、屋根の耐用年数は長くなります。高品質な材料を使用した波板は劣化が遅く、耐久性が向上します。

2気候条件
波板屋根は気候条件にさらされるため、気温、湿度、紫外線、降雨などの気象要因が劣化に影響を与えます。特に暑い地域や極端な気象条件下では劣化が早く進行します。

3適切なメンテナンス
波板屋根は適切なメンテナンスを受けることで耐用年数が延びます。定期的な点検、清掃、補修が必要です。

4適切な取り付け
波板屋根が正しく取り付けられているかどうかも耐用年数に影響を与えます。適切な施工がなされていない場合、劣化が早まる可能性があります。

 

 

波板屋根の劣化症状が気になったら・・・
波板補修工事の種類

1ひび割れの充填
ひび割れがある場合、専用の充填材を使用してひび割れを埋めることができます。これにより水分の侵入を防ぎます。

2塗装
変色した波板屋根を塗装することで、見た目を回復させることができます。また、塗装は屋根を保護し、耐用年数を延ばす効果もあります。

3破損部分の交換
穴や破損がある部分を交換することが必要です。交換部品は新しい波板で補完します。

4金属部分の交換
腐食した金属部品を交換することで、屋根の安定性を回復します。

5定期的なメンテナンス
定期的な点検と清掃を行い、劣化や損傷が早期に発見されるようにしましょう。早期の対処が劣化の進行を遅らせます。

6屋根の再防水工事
屋根全体の再防水工事が必要な場合、新しい防水材料を導入して屋根の密封性を向上させます。

 

 

▷大野城市物件の波板屋根の修繕工事の施工事例/施工金額

 

地元福岡で地域密着29年!屋根工事・雨漏り専門店|住みたかルーフ【雨漏り・屋根修理・見積相談無料】

住みたかルーフは、福岡市博多区にあり、屋根工事・屋根リフォーム・雨漏り・防災瓦・外壁塗装の対応が可能です。
福岡市・大野城市・太宰府市・糟屋郡(須恵町、志免町、宇美町、粕屋町)に密着し、スピード対応と長期保証で皆様に支持いただいております。
建物の屋根や外壁をしっかりお手入れしておくと、家の寿命は長くなります。家のさまざまな箇所で不具合を見つけたら、お気軽に住みたかルーフの無料診断をご利用ください。

屋根リフォーム/防災/雨漏りの専門店|住みたかルーフ福岡

お問い合わせ

LINEでお問い合わせ
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ

 

無料見積

0120-027-955 [ 24時間受付可能 ] お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

LINEで相談 メールで相談

屋根工事のお役立ち情報

無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

施工事例

スタッフ・職人紹介

塗装出来ない屋根があるって本当?