スタッフブログ|福岡市・糟屋郡/屋根リフォーム・防災瓦・雨漏り工事なら住みたかルーフへ

MENU
屋根工事・屋根リフォーム・雨漏り・防災瓦専門店 住みたかルーフ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-027-955

  • 受付[ 24時間受付可能 ]

スタッフブログSTAFF BLOG

HOME / スタッフブログ / 防水工事は工法によって耐用年数が違う?防水工事の種類と特徴を解説 博多区立花寺の福岡市と糟屋郡の屋根工事・雨漏り専門店

防水工事は工法によって耐用年数が違う?防水工事の種類と特徴を解説 博多区立花寺の福岡市と糟屋郡の屋根工事・雨漏り専門店

スタッフブログ

2023.09.28 (Thu) 更新

防水工事は工法によって耐用年数が違う?
防水工事の種類と特徴を解説

雨漏りを改善する補修は防水工事が一般的ですが、防水工事の方法は1種類ではありませ ん。また、同じ種類の工事であっても、工法によって耐用年数や費用が異なります。その ため、自分の家に合う工事方法の選び方がわからない人も多いでしょう。ここでは、防水 工事の種類や細かい工法の違い、特徴について詳しくご紹介します。

 

防水工事の種類

防水工事は、ウレタン防水、シート防水、アスファルト防水、FRP防水の大きく分けて4種類です。それぞれの工事方法の特徴は、以下のようになります。

  • ウレタン防水
    ウレタン防水はウレタンを塗って防水施行をするもので、ベランダやバルコニー、屋上に 適した工事です。最も一般的な防水工事で、通気緩衝工法と密着工法の2種類があります 。通気緩衝工法は雨漏りに適した工法で、耐用年数も13年~15年と長いのが特徴です。密 着工法は雨漏りには適しておらず、耐用年数も3年~5年と短くなります。費用も他の工事 と比較してリーズナブルです。

 

  • シート防水
    シート防水は防水シートを敷設する方法で、平坦な屋上で採用されることが多い工事方法 になります。比較的費用も安く、スピーディーに施工できるのが特徴です。ゴムシートと 塩ビシートの2種類の防水シートがあり、ゴムシートは耐用年数が10年~15年、塩ビシー トは耐用年数が10年~20年です。

 

  • アスファルト防水
    アスファルト防水は、アスファルトと合成繊維で作成されたシートを貼る施行で、ビルや マンションの屋上で採用されることが多い工事方法になります。トーチ工法とガムクール 工法があり、耐用年数は15年~20年と長めです。一般住宅で採用されることはほとんどあ りません。

 

  • FRP防水
    FRP防水は、繊維強化プラスチックという耐久性・耐衝撃性の高い素材を塗り、防水加工 を施す工事です。工事方法としては、ウレタン防水と似ています。耐用年数は12年~20年 と長く、強度もあるため重いものを置いたり、歩いたりすることも可能です。

 

 

それぞれの防水工事のメリット・デメリット

  • ウレタン防水のメリット・デメリット
    ウレタン防水のメリットは、ペーストタイプのためどこでも施工しやすいことです。振動 にも強く、地震でひび割れる心配もありません。コストも低く、経済的な方法であるのも メリットです。ただし、ウレタンが乾くまで待たなければならず、時間がかかるというデ メリットがあります。
     
  • 防水シートのメリット・デメリット
    防水シートのメリットは、シートを敷設するため乾かす時間なども必要なく、スピーディ ーに施工できることです。ただし、一部補修をすることは難しく、シートが損傷した場合は、シート全体を交換することもあります。また、ビニールシートは紫外線に弱く、劣化しやすいのがデメリットです。塩ビシートは、紫外線への耐性があります。

  • アスファルト防水のメリット・デメリット
    アスファルト防水は昔から行われている防水工事で、耐久性が高いのがメリットです。し かし、施工できる業者が少ないというデメリットがあります。また、トーチ方法ではアス ファルトを溶かして貼るため、アスファルト臭が強いのもデメリットです。

  • FRP防水のメリット・デメリット
    FRP防水は、凹凸がある場所でも補修しやすく、耐久性が高いのがメリットです。一部補 修、全体補修、どちらにも適用できます。しかし、強度が高いため地震の揺れでひび割れ る可能性もあるため、広範囲の防水工事には向いていません。

 

    防水シートが必要な時期の見極め

    防水工事は雨漏りが起こってからでは遅いため、劣化のサインを見つけて対処する必要が あります。

    • 防水層に亀裂がある
      細かい亀裂が入っている場合はすぐに雨漏りする心配はありませんが、トップコートを補 強するのが良いでしょう。大きな亀裂がある場合は、すぐに防水工事が必要です。
    • 防水層が破れている
      防水層がめくれていたり、破れていたりする場合、底から雨水が侵入するため防水工事が 必要です。
    • 水や埃が溜まりやすい
      水や砂が同じ場所に溜まりやすい場合、防水工事が必要です。防水層が劣化しており、雨 漏りにつながる可能性があります。
    まとめ

    防水工事は凹凸のある場所に適しているもの、平らな場所に適しているものなど特徴があるため、屋根の形状に合わせて選ぶと良いでしょう。また、施工時間や費用も考慮し、適 切な工事方法を選んでください。防水工事を施した後は、5年~8年に1回のペースでメン テナンスを行えば、良好な状態が保てるでしょう。

     

    ・住みたかルーフの防水工事メニュー
    https://sumitakaroof.com/menu/waterproofing/

    ・住みたかルーフの防水工事施工事例/施工金額
    https://sumitakaroof.com/works/15137/

     

    住みたかルーフは、福岡市博多区にあり、屋根工事・屋根リフォーム・雨漏り・防災瓦・外壁塗装の対応が可能です。
    福岡市・大野城市・太宰府市・糟屋郡(須恵町、志免町、宇美町、粕屋町)に密着し、スピード対応と長期保証で皆様に支持いただいております。
    建物の屋根や外壁をしっかりお手入れしておくと、家の寿命は長くなります。家のさまざまな箇所で不具合を見つけたら、お気軽に住みたかルーフの無料診断をご利用ください。

      電話番号 住みたかルーフ 福岡 屋根リフォーム 雨漏り 価格 費用 料金 金額 糟屋郡 宇美町 志免町 大野城 太宰府

       

      福岡県(福岡市・糟屋郡志免町・宇美町・須恵町・大野城市・太宰府市・筑紫野市)でショールームがある屋根業者は住みたかルーフだけ!

      月隈アプローチブックHPのサムネイル福岡県(福岡市・糟屋郡志免町・宇美町・須恵町・大野城市・太宰府市・筑紫野市)で屋根工事を検討される場合はぜひ住みたかルーフにお任せください!

      屋根リフォーム/防災/雨漏りの専門店|住みたかルーフ福岡

      外壁塗装の窓口 優良加盟店 DOORSパートナー

      福岡県SDGS 

       

      株式会社セプテット(住みたかルーフ)は、「福岡県SDGs登録制度」登録事業者です。

       

        SAFEコンソーシアム

      無料見積

      0120-027-955 [ 24時間受付可能 ] お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

      LINEで相談 メールで相談

      屋根工事のお役立ち情報

      無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

      スタッフ・職人紹介

      塗装出来ない屋根があるって本当?